執務室で事故を待つ県知事
反対運動と犯罪者摘発は全く別次元。玉城デニー知事は反対運動を進める余り犯罪者を容認し、首長として資質に欠ける本性を県民に曝け出しました。無駄な海外旅行を為し、犯罪者を容認し、年明けに無意味で無駄な県民投票を行おうとする玉城氏に対し「No!辞職せよ」との要求を突きつけるべき時期です。