日本共産党は破防法適用団体
日本共産党は、まずは解党解散を。

 

公安調査庁からオーム(現アレフ)と同列視されていることを恥じて、まずは解党をし、綱領を作り直し、党名も変更し、その後に再度公党申請をするべきです。

 

破防法の監視対象と連携する政党(立憲民主党・等)がまっとうな政治を標榜するのがおかしいと考えてる。維新・足立康史

 

破防法には「調査対象団体」等と言う概念もありません。これまたデマです。共産・小池晃

 

公安調査庁のHPにハッキリと、「当庁は共産党を破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体としています」。と記載されています。